猫写真家でデボンレックスとシンガプーラなキャッテリー | Sakuraquiet Photo & Cattery
Home > Cattery > 

デボンレックス / Devon Rex

白いデボンレックスの写真を目にして以来、恋に落ちてしまい寝ても覚めても頭を離れませんでした。どうしてもデボンレックスに会ってみたい!しかし、当時日本に個体数が少なくなっていたため自分の目で見ること、触れることができないことを知りました。それでも私のデボンレックスへの熱は冷めないまま、海外のデボンレックスのキャッテリーを訪問するに至りました。訪問先のキャッテリーで会ったデボンレックスたちの好奇心旺盛でユニークな振る舞いとフレンドリーな性格に触れてますますデボンレックスの虜になり、その結果、2010年に夢にまで見た白いデボンレックスの女の子、マディを迎えることができました。
2011年6月、TICAのキャットショーにてマディはチャンピオンの最上位の称号SGC(シュープリームグランドチャンピオン)を獲得しました。その時の様子はこちらのブログ記事をご覧ください。
それからデボンレックスのブリーディングを開始するに至りましたが、マディはこれまでに子猫を授かることなく今ではブリーディングから退いて暮らしています。


当キャッテリーのデボンたち / Our Devons

人懐こく、外交的。屈託の無い性格で、ほんとうに人のことが大好きです。こころから信頼してくれていると感じられると思います。
人とのコミュニケーションはもちろん良好で、少し厳しく躾けてしまったかなというような場面でも、しばらくするとケロッとしています。しゅんとなってしまって引きずってしまう様なことはありません。
また、体全体をつかって愛情表現をすることも特長です。胸元や方にのってゴロゴロ、スリスリしてきます。抜け毛が気にならないので、そのようにベッタリと擦り寄ってこられても、毛がまとわりつくなどの心配をする必要がありません。たっぷりスキンシップをとってあげることができます。アレルギーなどで猫の抜け毛が苦手な方にもオススメできます。
他の猫種からは少々うざったがられてしまうような場面もあるかもしれませんが、ワンちゃんとはどうも気が合うようです。うちから巣立ったデボンも在来ワンちゃんと仲良くやっているとの報告をいただきます。

抜け毛についてはこちらに詳しく書きました →

※性格・気質については、個体差がありますし、一緒に暮らしていく環境からも大きく影響を受けます。以上はあくまでもうちのデボンたちの性格的傾向についての主観からの印象です。

デボンレックスの仔猫たち / Kittens

Available! 更新: 2017年4月23日

  • 12月産まれ迄の仔猫たちは、みんな新しいおうちが決まりました。
  • カテリーナが雑誌「ねこのきもち」5月号のカバーガールとなりました (詳しくはこちらにblog記事にしました →)。
  • 今月中には CATERINA が、6月上旬には MAKORE 、7月には KIKI
    SNIP そして YUASA(ユアサ) が出産の予定です。
  • 年内にはヨーロッパ各地から3頭の新しい仲間をお迎えの予定です。

詳細情報または見学のお申込みについてはこちらからお問合せください →


Past

みんな元気に巣立って行きました。

デボンレックスのお父さん / Stud

ジョイ / TICA CH REXPERIMENT OVERJOY

d.o.b.: 08/15/2010 | from: Italy

チャーミー / SAKURAQUIET CHARMY

d.o.b.: 08/20/2013

デボンレックスのお母さん / Queen

キキ / TICA QGC KYAPARK SECRETS DOWN UNDER “KIKI”

d.o.b.: 02/15/2012 | from: Australia

スニップ / TICA CH KYAPARK I CAN TANTALIZE U “SNIPPETT”

d.o.b.: 01/12/2013 | from: Australia

カテリーナ / TICA CH REXPERIMENT CATERINA

d.o.b.: 10/08/2012 | from: Italy

ピナコとマコレ / SAKURAQUIET PINACO & MAKORE

d.o.b.: 10/20/2013 | from: Italy

デボンレックスのおうち猫 / Alter, Household

チクリン / SAKURAQUIET CHIKURIN

d.o.b.: 02/17/2015

チャーボー / SAKURAQUIET HONEY PIE

d.o.b.: 06/30/2014